フランチャイズと営業について

フランチャイズと営業について



新しく起業した際には、まずは最初のお客さんを捕まえなければなりません。例えば資金力があるのであれば、大々的に広告を打つなどすることもできるのではないかと思います。しかし通常は、地道に営業活動を続けていくことになります。

ただし、起業したばかりで全く無名の企業ですので、当然営業をしたとしても冷たくあしらわれることが多いのではないかと思います。お客さんをつかむためには営業努力が必要ですが、起業をしてもその営業でつまづいてしまう方はたくさんいらっしゃいます。

それでは、フランチャイズはいかがでしょうか?フランチャイズ加盟店になれば、既に知名度の高いそのブランド力や看板をフル活用することができます。そのブランドであれば利用してもよい、と考える消費者も多いのではないでしょうか?お店を構える場合は、ほっておいてもお客さんが入ることになります。

例えば、新しくオープンしたコンビニエンスストアがあった場合、ほとんどの消費者はフランチャイズかどうかということなど考えずに足を運びます。そのブランドのコンビニだからこそ安心、そのブランドであればあの商品がある、といった安心感があるのです。

このように、営業をすることなくお客さんを得ることができるのが、フランチャイズ加盟店になるメリットの1つです。独立願望はあるけどノウハウはないという方にとっては、敷居の低い起業方法と言えるでしょう。

↑ PAGE TOP