フランチャイズとロイヤリティ

フランチャイズとロイヤリティ



フランチャイズに興味のある方であれば、ロイヤリティという言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。ロイヤリティは、フランチャイズのシステムの代表的な特徴的だと言えるでしょう。簡単に言えば、加盟店が加盟本部に対して支払うもののことを指します。加盟店が商品やサービス、ノウハウなどを得る対価として、加盟本部にロイヤリティを支払います。このロイヤリティには、いくつかの種類があります。

例えばコンビニなどで利用されているのが、粗利益配分方式になります。この方式は、収益性に応じたロイヤリティを設定するというものです。外食産業などに多いのが、売上高比例方式です。この方式では、売上高の一定の割合をロイヤリティとして設定します。その他にも、店舗の面積などに応じて支払う営業規模比例方式や、加盟店に供給する商品に予めロイヤリティの分の価格が含まれた商品供給代替方式などがあります。

加盟店の多くは、月々の経費の中でロイヤリティの支払いが大きな割合を占めるようになります。しかし、その対価としてフランチャイズ加盟本部のサービスやノウハウ、それからブランド力を利用することができますので、大きなメリットを得ることができます。

↑ PAGE TOP