フランチャイズの種類

フランチャイズの種類



フランチャイズの業種は、大きく飲食業と小売業、サービス業の3つに分けることができます。飲食業はファーストフード店やラーメンなど、それからカフェなどの業種が含まれます。それからフランチャイズ展開している小売業といえば、やはりコンビニエンスストアになるでしょう。サービス業には、学習塾や介護サービス、それから美容関係も含まれます。

この中で最もフランチャイズとしてイメージしやすいのは、コンビニエンスストアなのではないかと思います。しかしフランチャイズ=コンビニではなく、実に様々な種類の業種があるため、興味のある分野や得意な分野から選ぶことができます。それでは、業種を選択するうえでのポイントとは何なのでしょうか?

フランチャイズに興味を持つ方の多くは、独立願望も強いのではないかと思います。そのため、自分のモチベーションを保ち続けるためにも、将来の成功をイメージできるような業種、または今後長期的に取り組んでいきたい業種を選ぶのがよいのではないでしょうか?

開業までは簡単なフランチャイズですが、その後の業績には、やはりオーナーの手腕も影響します。加盟店となりノウハウを吸収し、自分の成長を助けてくれるような業種を選ぶのもよいのではないかと思います。

↑ PAGE TOP