フランチャイズの仕組み

フランチャイズの仕組み



フランチャイズチェーンの代表格として挙げられるのは、やはりコンビニエンスストアになるのではないでしょうか?全国のどこに行っても同じマークの看板があり、その店舗に置かれている商品は基本的には同じものになります。コンビニだけではなく、外食産業や小売店、サービス業まで、フランチャイズ展開している企業は多岐にわたります。

フランチャイズは大きく、加盟本部と加盟店の2つに分けることができます。加盟本部はフランチャイズビジネスを運営する、そのフランチャイズの主体となる企業のことを指し、加盟店が1つ1つの店舗を運営していくことになります。加盟本部が取り扱う商品やサービスを開発し、加盟店がそれらを扱う権利を得る事業形態がフランチャイズなのです。

加盟店が利用できる権利は、そのチェーンの名称の利用やサービスマークの使用、または本部の商標の利用などになります。さらに、加盟本部の開発する商品やサービス、情報、さらに経営のノウハウなどの利用、また継続的な援助や指導などを受けることも可能です。

独立したいけどノウハウも経験もないという方の中には、まずはフランチャイズの子の仕組みを利用して経営を経験するという方もたくさんいらっしゃいます。起業の中ではハードルの低い事業形態ではないかと思いますので、興味のある方は一度調べてみるとよいでしょう。

↑ PAGE TOP